Pocket

この記事は約 2 45 秒で読めます。

家庭で一緒に暮らすペットの種類は、哺乳類・鳥・魚・爬虫類など色々です。また動物によってかかる病気の種類も違いますから、それら病気の知識を普段から得ておく事は、ペットと暮らす上でとても大切です。ここで動物ごとのかかりやすい病気と症状を確認しておきましょう。

犬がかかりやすい病気

犬

  • フィラリア症(犬糸状虫症)
  • 蚊によって媒介されるフィラリアという寄生虫が、心臓に寄生する事で発症します。最初の内は症状が出ない事が多く、やがてセキをしたり息が荒くなったりし始め、悪化すると腹水が溜まったり、呼吸困難を起こしたりします。

  • 皮膚病
  • ダニやノミの寄生によるものや、アレルギーなど体質から来るものがあります。体毛が抜けたり、自分でかきむしって炎症を起こしてしまう事もあります。

  • 心臓病
  • 高カロリー・高塩分の食生活によって高血圧となり、更に心臓肥大にまで進行する事もあります。症状としてはセキをする事が多く、悪化すると心不全を引き起こす場合もあります。

他にも感染したら致死率が100%に至る狂犬病や、ガンなどの重篤な病気、耳の炎症、室内犬の場合股関節脱臼や骨折などのケガにも注意が必要です。

猫がかかりやすい病気

猫

  • ウィルス感染症
  • ネコカリシウィルス、ネコヘルペスウィルスなどによる感染症は、主に呼吸器疾患を引き起こします。クシャミやセキなど風邪や鼻炎に似た症状が現れます。

  • 寄生虫
  • 回虫・条虫などの寄生虫が体内に寄生する事で、下痢・嘔吐・貧血などの症状が現れます。まれに猫もフィラリア症(犬糸状虫症)にかかる事があります。外に出る生活をしている猫の場合は、小動物を捕まえて食べたりするので、そこから寄生虫に感染してしまうのです。

  • 下部尿路疾患
  • カルシウムやマグネシウムから体内で結石ができてしまい、排尿が困難になり、悪化すると腎不全や尿毒症にまで進行してしまいます。

他にも人間のエイズと似た免疫不全に陥る猫エイズ、耳ダニ症、椎間板ヘルニア、ガンなどにもかかります。

フェレットがかかりやすい病気

フェレット

インスリンの過剰分泌による低血糖症、インフルエンザなど人間と同じような病気にかかります。特にインフルエンザは、人間からも感染してしまうので注意が必要です。

ウサギがかかりやすい病気

ウサギ

ウサギはストレスに大変弱い生き物なので、ストレス性の様々な病気にかかり易く、下痢・嘔吐・食欲不振などの症状を見せます。歯が伸び過ぎて食べ物を食べられない過長歯は、ウサギに特有の病気の一種でしょう。

鳥がかかりやすい病気

セキセイインコ

鳥類では細菌やウィルスによる病気が目立ちます。ずっと膨らんだままでいたり、止まり木にとまれなくなって床にうずくまっていたりする時は、かなり具合が悪い状態なので注意が必要です。

爬虫類がかかりやすい病気

爬虫類

エサやりが難しい事から栄養障害になったり、カルシウムやビタミン欠乏によるクル病になったりします。病気の症状が分かりにくい生き物です。

ここまで見て来たのは、たくさんある病気のほんの一例です。一緒に暮らす動物がかかりやすい病気については、できるだけ情報と知識を増やしておく事をお勧めします。

The following two tabs change content below.
管理人:アニマルクリニック.inc

管理人:アニマルクリニック.inc

このサイトでは愛するペットが病気になってしまった時にどうしたらいいのか、またペットが病気になった時の正しい対処法などを紹介しています。